住宅の解体工事を行う手順

ヘルメット

住宅密集地の近隣への配慮

家を建て替える場合や空き家を処分して更地に戻す際には、専門業者に依頼して家屋解体を行う必要が出てきます。大阪市でも市内各所でそうした家屋解体工事が年間を通じて行われていますが、工事の際には騒音や粉塵の発生がしばしば問題となるものです。特に大阪市は人口密度が全国でもトップクラスとなっているほど住宅事情が過密で、市内には住宅密集地も少なくありません。そうした地域で家屋解体工事を行う場合は、敷地に余裕のある住宅よりも近隣への配慮がシビアに要求されます。大阪市内にも多くある解体業者に依頼して家屋解体を実施するに先立っては、事前の現地調査が欠かせません。なぜなら家屋解体はどのような住宅環境でも一律に行われるものではなく、住宅の種類や近隣住宅との位置関係によっても工事の進め方が変わってくるからです。解体すべき家が住宅敷地ぎりぎりを使って建てられていて近隣の住宅も同様の状況にある場合は、足場を組む際に防音や粉塵飛散防止のための養生作業が重要になってきます。実際に家屋解体を行う際には、工事開始の数日前に工事内容の説明を兼ねて近隣への挨拶回りをするのが常識です。騒音や粉塵飛散を可能な限り抑えるとは言っても完全に防ぐのは困難で、工事車両の出入りなどで周辺住民には何かと迷惑をかけることになります。信頼のおける業者はそうした点を近隣住民に事前にきちんと説明してから工事を開始していますので、無用のトラブルを避けるためにも業者の選び方は重要です。一般的な家屋解体工事では手作業で撤去できる部分を片付けてから、重機を使った解体工事を実施した後に産業廃棄物を搬出します。無事に工事が終了した後に解体業者への料金支払いをするのが一般的ですが、その前に近隣への工事終了報告を兼ねた挨拶を済ませておくと安心です。大阪市内でも信頼できる解体業者なら、何か被害があった場合に工事後でも良心的な対応をしてくれるものです。

Copyright© 2018 家の処分には家屋解体業者を利用しよう【見積もり書を要チェック】 All Rights Reserved.